生地で選ぶ無地トートバッグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実際に無地のトートバッグにもさまざまな生地があります。目的や用途によっては生地も大きく変わってきます。生地の特徴や質を知っているとバッグ選びの時に役に立ちます。生地の中でもよく見かけるものにコットンがあります。天然素材のコットンは肌さわりがとてもよく丈夫な素材です。二つ目は、デニム生地です。縦糸と横糸を交互に合わせた織り方で、丈夫な生地のため、履かなくなったジーンズなどもバッグにリメイクできるという特徴があります。三つ目はキャンバス生地です。キャンバス生地は帆布と呼ばれるコットンを麻であらく織った生地です。耐久性に優れているためノートや教材などの重量感あるものを入れても大丈夫です。四つ目は、シーチング生地です。シーチングは比較的太目の糸を使い、粗目に織られた生地です。さほど厚みはなく耐久性は若干弱くなりますが、低価格なため、大量に作る際に向いている素材です。五つ目はリネン生地です。麻の茎が原料の素材で、夏服によく使われる涼しい素材です。吸水性や速乾性に優れている素材でお洗濯もできることから常に清潔感を保てます。最後にポリエステルです。合成繊維で軽さと丈夫さ、速乾性、そしてしわになりにくいという特徴があります。このように素材の特徴によってバッグの出来上がりも変わってきます。

無地のトートバッグをアレンジする際のコツ

無地のシンプルなトートバッグをオリジナルにアレンジする方法はたくさんあります。お好みの生地を裏地として取り付けたり、ボタンやワッペン、缶バッチを付ける方法、絵が得意な方は絵の具やマジックでイラストを描いてもいいでしょう。裁縫が得意な方は刺繍をしたり、文字を縫い付けることもできるでしょう。シンプルな生地だからこそアイデア次第では無限にオリジナルのバッグを作ることができます。自分が得意な方法でオリジナルのバッグを作ってみてはいかがでしょうか。

誰でもできる簡単アレンジ

無地のトートバッグはシンプルな生地のため自分好みに自由自在にアレンジやリメイクができます。お気に入りのデザインであればさらに愛着も沸きます。オリジナルのバッグにしたいが裁縫や絵を書くことが苦手という方もいるでしょう。そんな方でもできる簡単なアレンジ方法はスタンプを使った方法です。100均などでも簡単に手に入るスタンプはとても簡単かつ、インクの色を自分好みの色にすることによってオリジナルのバッグにできます。他にも、転写シートとアイロンを使って作る方法があります。インクジェットプリンタ用アイロン転写シールを使って、自分の好きな文字やキャラクターなどを印刷し、転写シールを使って転写します。このように、裁縫や絵を書くことが苦手な人でも簡単に世界に1つだけのオリジナルバッグが作れます。

ピックアップ記事

無地トートバッグでオリジナルバッグを作る

具体的に無地のトートバッグの作成依頼をする際の流れは、まず業者を決めます。今はほとんどがインターネットでの受付になるとは思いますが、電話やFAXでも受け付けています。その際に、数量や用途、大まかな内容...

大容量の無地トートバッグ

トートバッグの良さはたくさんものを入れることができるということではないでしょうか。マチがあり丈夫なことから、ついつい何でも入れてしまうこともあるでしょう。学生さんは教材やパソコン、ノートなど、サラリー...

無地のファスナー付きトートバッグ

無地のトートバッグの中でも需要が高く使い勝手の良さで多くの人が使っているのがファスナー付きのものではないでしょうか。手持ちタイプのものや肩掛けタイプのもの、2WAYタイプのものなどさまざまあります。教...

生地で選ぶ無地トートバッグ

実際に無地のトートバッグにもさまざまな生地があります。目的や用途によっては生地も大きく変わってきます。生地の特徴や質を知っているとバッグ選びの時に役に立ちます。生地の中でもよく見かけるものにコットンが...